しゃんとした人~おひさま

戦争が終わって華族制度がなくなることを悲観してご主人が自害してしまった
陽子のおばあさま。
陽子の出産前後、一緒に暮らしていたんだけど
東京に戻ることにする。

大丈夫ですか?
我慢してませんか?

心配する言葉に

「我慢したり、辛抱することをしなくなったら
人間はしゃんとしなくなります。
私は まだしゃんとした人間でいたい」

スポンサーサイト

レディジョーカー

1984年から1985年におきた、グリコ森永事件
「怪人21面相」
「どくいりきけんたべたらしぬで」

あぁ~そういう事件があったな~
グリコとか、森永のお菓子が棚からなくなったな~~
あれから、ポケット菓子が、東明フィルムで覆われるようになったんだよな~とか
思い出した。

原発問題のときにも、登場した、高村薫さんは
この事件をモデルにして、「レディジョーカー」って書いているんだね~~

その彼女曰く
「人生の中で、未解決事件があるというのは・・・」
その人にとって、未解決な部分があるってことで・・・
大きな影響がある、って

悪いことをした人がどんな人かわからない
悪いことをしたのに、つかまらない
どうして、そいう事件が起きたのか
真実がわからない
直接その事件に関係しなかった人でも、
やはり、心にひっかかるもので
その事件が、どの年齢で起きたかによっては、人格形成にも響くんだろうね~

特に、子供も楽しみなグリコと、森永のお菓子に関係するからね~~

ウサギも思うんだけど
大きな出来事をどの年齢で体験したかって、
ほんと、その人生に響くよね。

311にはじまって、
原発問題とか
放射性物質入りの食べ物とか
それにかかわる 大人、特に政治家はじめとする有名人の行動、言動とか
2011年、何歳で、あるかによって、影響が違うと思うけど、
なんらかの形で、個人、個人に関係してくるんだろうなぁ~~

それでも生きてゆく 4

苦難に向かい合うこと

苦しいことから逃げてはならないんだけど
すごく苦しいことだと、蓋をしてしまうことがある。

でも
家族のことだったら、どうだろう?
家族に、犯罪者がでてしまったとき、
他の家族のことを考えて、犯罪者になった家族を切り捨ててしまった父と母

いいんだろうか?

切り捨てて、他の家族は普通に過ごしたとしても
やはり心に引っかかったままなんだしね・・・

体は切り捨てたとしても
血は繋がっているんだからね
心は繋がっている
だから、ひっかかる。
放っておけない
離れていても、どこでどうしているか、知っていなければならない。

テレビと真実

今日からテレビはアナログ放送がなくなって、デジタル放送だけになるらしい・・・

なんだか・・・カーナビについているテレビが見えなくなってるらしいよ>我が家

ウサギが子育てするとき
テレビゲームはよくないから、禁止って感じだったけど
ウサギが育てられたときは、テレビが禁止だった・・・

子供にチャンネル権がなかった
もちろん パーソナルテレビなんてありえなかった。

かといって、すごくテレビがみたいわけでもなかったんだけどね・・・

テレビって、受身でよくないっていうよね・・・
ひとりで見ると受身ばっかだけど、家族でみると、感じたことを話してそれなりに有意義だったりする。

まぁでも、ひとりで集中してみたいテレビもあるけどね・・・

そんなわけで、ウサギの家にはテレビは1台
子供だけで見せないで一緒に見て、注意することがあったら、ちゃんと横からフォローするようにしてる・・・
殺人の場面とかあったら、「あ~~んなことしちゃ~怖いね~~」「いけないね~~」って声をかける。

しかしながら、そのウサギの声は、テレビに集中している兄弟ウサギには届いていないことが多いことに、最近気が付いた・・・

まぁでも、天の声のように、無意識に届いているのかな~とも思うけど

ウサギはほとんど、NHKしか見てないんだけど
311から、ずっとNHKのニュースばっかみていると、なんだか洗脳されるように思う。。。
さっき、テレビで某コメンテーターがいってたけど
ネットで海外ニュースみたほうが、よほど、真実がわかるって・・・

そうかもね・・

それでも生きてゆく 3

辛いこと、悲しいことに向き合うこと・・・

あきちゃんを亡くしてその家族は、向き合うことをしなかったように見えたんだけど
実はそれぞれの心に 重いものがあり・・・

ウサギも、向き合わないタイプ・・・
できるだけ、そのことを考えないようにする。
そうしているうちに忘れてしまうのを待ってる。
そして、忘れてしまうことが多いんだけど
たまに、何かのきっかけで、思い出して
感情のコントロールができなくなることがある。

短いスカートを買ってあげたからいけなかったんだ・・・とか
一緒に凧揚げにいかなかったからいけなかったんだ・・・とか
妹の面倒をみなかったことを、母は怒っているんだ・・・とか
事実を違うことは 確認して、
悩むのは回避したいね・・・

火の魚

原田芳雄さんが亡くなった

ウサギ的に印象に残っているのは、
「火の魚」
最近の単発ドラマなんだけどね・・・

人生ってのは
自分が魚拓にされるまでの物語だ・・・
って台詞が、重いね・・・

真っ白なスーツに真っ赤な薔薇の花束を担いで
階段を上がっていく場面が、ウサギにとっての原田さんだなぁ・・・

そういえば、4月から6月までやっていた 高校生レストラン
お寺のお坊さんの役だったんだけど
途中で、なんだか旅に出たのよね・・・
ん?体調不良で脚本変更?って思ったら
ほんとにそうだったんだね~~
ヒマラヤ山脈にいったみたいだったなぁ・・・
仙人になったのかもね~~

合掌

イソトマ

薄い藤色のかわいい花で、好きなんだけど

イソトマをいっぱい花壇に植えていた小学生が、痛みを訴えたらしい・・・
なんの痛みか忘れたんだけど・・・
なんだか、毒があるから、大量に取り扱うのは禁物なんだって
そんな花を学校にいっぱい植えるなんてね~~
先生もう少し勉強しましょう・・・

といっても、毒があるなんて、ウサギも知らず
調べてみたら

有毒植物で液汁が目に入ると失明すると言われる。花言葉も「猛毒」。

なんだって・・

家庭では、寄せ植えにしたりして、大量には使わないからね~~
でも、小さなこともがいるときは、注意しましょう・・・
子供ってどんなことするかわかんないからね・・・
その花か、葉っぱをちぎって、指でつぶしまくって、
さらに目をこすったりしたら、たいへんだよね~~

下流の宴

最終回でした。

まわりの人ががんばっていると、
「がんばれ~~」って自分を責められているような気持ちになる・・・

そんな人がいるものなんだね・・・
個性といえばそれまでなんですが・・・

責められているように思えるのは、自分ががんばっていないからだよね?
だから
周りががんばっていると、「自分もがんばろう~」って思わないわけ?

思えないんだな・・・
翔くんは・・・ ^^;

教会でタマオちゃんに別れを告げる前・・・
家族で、
「別れる?」とか
「自分が次はがんばる?」とか
予想したんだけど
「翔くんに、自分ががんばる・・・はないでしょう」と言った人は
翔くんの気持ちが理解できるってことでしょうか・・・

まぁ 理解できないこともないけど・・・

そういえば、ずっと前
がむしゃらにテニスしていたとき
一番一緒にテニスしたい友達に
「ついていけない」的なことを言われてショックだったことがあった
一生懸命やれば、周りに人も一生懸命になれるって思ったんだけど
そうでもないことがあるみたい・・・

ちょっと今
ずっと一緒に練習してきた人の言葉にも、
同じようなフシがあるのよね。
「ど~して、そんなに練習するの~?」
「あなたは まだ若いから」とか

世の中自分が思いもつかない考えの人って、いるんだね~
改めて、思った。。。
気をつけよう・・・

なでしこ

なでしこが優勝した日

「99%の失敗は、1%の成功のためにある」

なにげにラジオで聞いたので、
あぁ~その1%の成功がどこで出るか?出せるか?って神様の思し召しなのかな~

なんかでも、ずっと負けていたチームに、
決勝戦で1勝できるって、すごいよね~~

澤さんは、決勝がアメリカであったことは
「チャンスだ」と思ったらしい・・・
なんだか意外・・・

でもずっと負けているチームだから、ってあきらめないで
一緒に練習していた人たちだから、その中で、小さい日本人がどう戦えば勝てるかわかるから・・・
って、「チャンスだ」って思うところがすごいよなぁ・・・

そして、延長戦、2-2になったときの
澤のゴール
あれは、すごいまぐれ・・・
本人も、入るかどうかわからなかったって
ほんと、神様の思し召しだよね~~

でも、まぐれというのは
いっぱい練習して得た技術の賜物なんだよね・・・
だからすごい。

「おひさま」を見ると・・・

先週の「おひさま」で
久しぶりに現代の様子が出てきた。

家族に不満を持っている主婦斉藤ゆきさんが
現在の陽子さんに、身の上話を聞く形のドラマで
たまに、現在の様子が出てくる。

タケオくんや、きょうこちゃんが出てくるんだよね・・・

さて、先週の斉藤ゆき
陽子さんの話を聞いているうちに、家族に対する不満がなくなってきた。
特に家族が変わったのではなく、斉藤ゆきが変わったのだ。

これって
もしかして
斉藤ゆきは、視聴者の代表で
実は「おひさま」を見ていると、視聴者ひとりひとりが、
陽子さんの話を聞いていると、なんらかの不満がなくなってくる・・・ってことかも・・・

おひさまのような暖かい気持ちになれるってことでしょうか?

それでも生きてゆく 2

自分から見た事件と、別の人から見た事件では受け止め方が違う。

でも、殺人の被害者家族と加害者家族の場合・・・
ほんとは、もう関わらないほうがいいんだろうね~~

人には「忘却」という都合のいいことがあるんだけど
忘れたいことに限って忘れないんだよね・・・
忘れたように思っても、何かのきっかけて思い出してしまうものなので
やっぱり、辛いこと、悲しいことにはもう関わらないほうがいいんだろう・・・

でも、その蓋をあけてしまった二つの家族は・・・これからどうなるんだろうね・・・

少子化~おひさま

どうして、子供が少ないか?
たぶん、女性が仕事をするようになったから
そして、どうして、家庭で仕事をしていただけの女性が
社会に出るようになったのか?

朝ドラ「おひさま」を見ていると・・・
戦中、男性は戦いにいって
国に残された女性は強くなって、男性の代わりに仕事する人も増えて
戦後、かえってきた男性は、ちょっと心が傷ついていて
安曇野の帝王みたいに、これからがんばるぞ~~って、日本経済を大いに支える人が多いんだけど

戦中、強くなって、仕事をしていた女性が、育てた女の子は、大人になると、
さらに強くなり、社会に出て仕事するわよ~~って頼もしくなり・・・

高度経済成長で、社会の仕事が増えて、
便利な家電もできて、家事も減ってきて
女性も働けるようになったからかなぁ・・・

魁皇

通算1046!ってすごいよね~~

名古屋場所、去年はなかったんだけど
他にもなくなった場所がいくつかあって
まぁでも、それはそれで仕方ないんじゃない?と思っていたけど
お相撲さんにとっては たいへんなことで
特に魁皇は、一日一日体力が衰えていくのと戦っているのだから
1場所なくなるってことは、記録更新なるか?って大問題なんだよね~~

だから、あまり相撲みないんだけど、
今回は、ニュースで1045を見たとき、やった~~っと思ってしまいました。。。

なんだか 相撲界としても、いいよね~~こういうの~~

今日も更新するか?

君が踊る夏

2010年

病気の女の子のために、よさこい踊りのチームを5年ぶりに復活させる話。

さすが映画だから、よさこい踊りの場面がすごく気持ちよかったぁ~~
ほんと、50人の息がぴったり合うといいよね~~
すごい練習がたいへんなんだろうけどね~~

それより、旗持ち格好よすぎ・・・
そういえば、ウサギの甥っ子が、旗持ちしていてたんだけど、すごく格好よかったのを思い出しました。

何事も「いちむじん」やるのはいいことです。

主役の男の子、写真のグランプリもらえなかったけど
実力はあるんだから、その後カメラマンでがんばったんだろうな~と思うよ。

それでも生きてゆく 1

暗いドラマだよな~~と思ったけど、初回録画・・・

どこから書いていいかわからないんだけど・・・

「フランダースの犬」のネロは、生まれないほうがよかったのか?
それより、どうして、悲しい本があるのか?
あきちゃんは、どうして生まれてきたか?

生きている人に何かを伝えるためなんだと思うよ。

ネロがどんなに不幸だったとしても、
本人にはきっといいことがあったはずで・・・
もしかして、1000回の不幸より たった1回の幸せだけを記憶に残して生きているのかもしれない。
逆に、1000回の幸せより、たった1回の不幸だけを記憶して生きている人は、それこそ、不幸せ。

さらにネロがこの世に生きていたことで、いろんな人と関わって、関わった人は、それぞれ、いろんなことを考えて生きているわけで・・・
だからネロの生まれた意味、生きていた意味、死んだ意味は、ないわけない!
必ずある。

あきちゃんも、生まれて、家族やそのほかの人と関わって、それぞれの心に何かを残して、死んでしまったことで、さらに、生き残った人に何かを残しているわけで・・・

生まれなかったほうがよかったとか
「フランダースの犬」はどうしてあるのか?って
それは、その本を読んだ人、それぞれに、何かを伝えるためで
何、って何かは、人によって違うんだよね・・・


来週も録画してしまうなぁ・・・

トップパテシェ

今夜のNHK ディープピープル
パテシエ3人のトーク

ウサギがケーキ屋さんに求めるもの・・・
ウサギが作れないケーキであること・・・
アーモンド生地と、ムースと、クリームと・・・っていろいろ使うのって、むずかしいから、作らないから、ケーキ屋さんの担当

季節感のあること
その季節においしいもの
食べたいものであること

そして、価格・・・
価格相応の美味しさであること
はずれたら 許さない・・・

半夏生

今日は「タコ」を食べる日なんだそうな・・・

関西方面での風習なんだけど
夏至から、10日ぐらい経ったこの時期までに、田植えをするといいらしい。
んで、豊作を祈願して、稲の根が たこの足のように、しっかり大地にはえるように・・・ってことらしい。

まぁ、なんでも、いいから、そういう風習にはのっかって、今日の献立を決めてしまえばいいんだから、楽しいよね。

ちなみに、讃岐では、うどんを食べる風習なんだって・・・ (笑)

地下鉄駅の冷房

節電で地下鉄駅構内の冷房が切られるニュース

思えばいつから 駅まで冷房効くようになったんだろう??
駅で電車を待っている間は、日陰だから涼しいって程度で、電車に乗ると、涼しい~~って時があったのに、
いつの間にか駅も涼しくなっていた・・・

便利になるときは、いつの間にか・・・なのに
不便になるときは、はっきり認識するんだね・・・人間

駅のエアコンは、密室ではないので、電気代かかりそうだしね・・・
プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR