頭脳王

昨晩やっていた 頭脳王を決める番組
クイズ番組ではなくて、すごい高度な問題だから、頭脳王の決定番組・・・

優勝したのは、東大の医学部の人
準優勝は、京大の医学部

一等星をできるだけ書けとか
ローマの王の名前を できるだけ書けとか
20こも出てこないってば・・・ ^^;

でも この人はどんどん書ける・・・

学校では習わないこと
受験には関係ないこと知ってる・・・

「どこで覚えたかわからない」だって・・・

兄弟ウサギの友達で、京大にいった子は
幼稚園前から、文庫本をどんどん読んでた。
活字があると、すべて読んで理解するんだって
すごいね・・・

つまり 頭脳王って
見たり聞いたりしたことを覚える力がすごい
覚えようとする気持ちがすごい
それを 忘れない
咄嗟に 引き出しにしまった記憶を引き出して
今に 生かすことができるんだろうなぁ・・・

それは 特殊な能力なんだけど
普通のウサギも、もう少し努力したらよかったなぁ・・・
生まれたときから・・・
意識していたら、もう少しおりこうウサギだったかもしれないな~と 
深く反省・・・

これから どんどん 覚えが悪くなって、忘れるのが早くなるんだけど
ある程度は努力で なんとかなるんじゃないだろうか?
努力をしなかったら、おばかになってしまうよね・・・
スポンサーサイト

ミッションインポッシブル 2

2000年

トムクルーズって なんて格好いい・・・
と思わせる映画だね・・・

見せ場がいっぱいで、イーサンってすごすぎ・・・
まさに、不可能なことを こなしている感じ・・・

最初指令を受けるときの、眼鏡・・・
あれって、現在2011年、市場に出ているすごいのだよね~~
2000年の映画で使うとは、さすが ミッションインポッシブル

新種のウィルスって、一時期はやったんだね・・・

なにげにアンソニーも格好いいなり



ミッションインポッシブル

1996年

実は最初から最後まで、真面目に見ていなかった・・・

黒い服で宙吊りになって、情報を盗むところはすごい印象に残っているんだけどね・・・

後半 TGVの上で、あんなことがあるなんて・・・^^;
当時はまだ、特撮の技術がすごくなかったはずなので、
そういう意味ではすごい
出来栄えだと思う。

イーサン若くて、格好いい・・・

トヨタのコマーシャルで、実写ドラえもんをしている
ジャンレノにもびっくりした・・・
だから ねずみに驚いた??
あれは 驚いたっていうより、コンピューターの部屋に落ちないように処理したんだろうけどね・・・

蜜の味

こ~~いうタイプ、あまり好きじゃないんですが・・・
見てました・・・

最終回、菅野美穂がいい人になってた・・・^^;

っていうか、もともと、AKIRAのことが好きなんだから、
そんな、とことん意地悪できるわけないよね・・・
取り戻すだめに、あれこれやっていたんだもんね・・・
でも ムリってわかったら、苦しいだけで
ふたりが いなくなったら、霧が晴れたんだろうなぁ~~

それにしても・・・
あんな お医者様集団っていないと思う・・・
だって・・・色恋のために、投薬ミスするなんて、信じられない・・・^^;
才能のある人なのに、その足を引っ張るなんて、馬鹿みたい・・・

でも、現実にあんなこと、あるんだろうか??

ランナウェイ

刑務所から脱走するといえば・・・・
映画「大脱走」を思い出すんだけど

福岡から東京まで、ロケがあって上手くできてるね。

ちょっと、現実的にムリかな?と思うような展開もあったけど・・・
ドラマなんだから いいか・・・
特に、最終回、なぜアタルは、服役しなければならなかったの??
最初の殺人は無実だってわかっているのにね・・・
逃亡している間に、罪があるっていっても、どんな罪だった??
執行猶予でよさそうな感じなんだけどね・・・

そのあたり、ムリのある脚本だったんだけど
3ヶ月楽しめました・・・

いきものがかりの「歩いてゆこう」もすごくいい曲、
40%のミタさんの主題歌よりいいと思うけどね・・・

家政婦のミタ

最初は、なんて家族なんだ!なんて、家政婦なんだ!って思っていたけど
松嶋ななこちゃん きれいなので、つい見てました・・・

家族ひとりひとりが、あかりちゃんの力で復活していくところがすごい。
上手いことやるよね・・・

最終回も、どうしてお母さんになることを「承知しました」なのかな?と思ったら
うららちゃんのためだったんだね・・・

ほんとに上手いこと再生させたよね・・・

そして逆に、再生した家族に、あかりちゃんは、笑顔を作ることができた。
気持ちも整理できたかな・・・

三田さんって、「サンタさん」なんだって、オチもよかったなぁ・・・

40%とは すごい

カーネーションのすごさ~朝ドラ

実在する人物が主人公なので、
展開はわかっていて・・・

お父さんが亡くなってしまうことはわかっていたんだけど、
だんだん元気になっていたので、
「ほんとに死んじゃったんだ」って感じで、1回目を見・・・

いつものように、2回目を眺めていたら
新しい国民服に嬉しそうだったり
コメのお水に「おおきに」と素直に言ったりするシーンで、
わかっているのに、泣けてきました・・・

基本的に、何度見てもいい映画ってあるんですが
何度みてもいいドラマ・・・
特に1回目より、2回目のほうが泣けてくるドラマって、初めてかも・・・

だから、カーネーションはすごいと思います。

有名な人って、亡くなっても、偉大なんだけど
さらに大きくなったりするんだけど
親というのも、亡くなってから、改めてそのすごさ、大きさがわかるもので・・・
その当たりのことも、きっちりあらわしているしね・・・

さすがだ

推定無罪

ハリソンフォードって格好いいよなぁ・・・

なんだか、明るい映画のイメージだったんだけど
これは違った・・・


誰が犯人っていうのがすごい展開でびっくり

合意形成のためのコミュニケーション

1、伝えたい思いを強く持つ

2、ひたすら話を聴く
  聞き出そうとしない
  沈黙を恐れない
  話はすばらしいと思って聴く

3、相手を同じ土俵に立つ
  その立場に立てば誰もが正しい
  事実を突き止める

4、腑に落ちるように伝える
  伝わらなくて当たり前
  説得ではなく納得
  目的を共有化する

スパイゲーム

2001年 アメリカ

ロバートレッドフォードが、
とらわれた ブラッドピッドを CIA退職の24時間で助け出す。

アメリカとして、ブラッドピッドを削除しようとしている会議に参加しながら
ディナー作戦を見事に成功させる。
すごいなぁ・・・

役名もいいよね・・・
ビショップは、チェスの駒
ネイサンってどこかで聞いたことあるな~と思ったら「ラストサムライ」でした・・・




真珠湾からの帰還

真珠湾攻撃のとき、ひとりだけ生き残って捕虜になって、
終戦で帰国した人の話・・・

帰国してから、トヨタ自動車に入社して、日本経済の復活にがんばったらしい。
すごいね・・・

さて、次の日坂の上の雲を見ていても感じたんだけど
日本人って、命を大切にしないようなところがある。
それは、サムライの時代が長かったからかなぁ・・・

命がけで何かをすることって大事なことでもあるんだけど
命を粗末にするのとはちょっと違う。
ほんとに、何かのために投げ出す覚悟とは、違う気がする。

紙一重なんだけどね・・・

そのあたり、サムライ魂のようなものが、
欧米には、危なく感じるんだろうなぁ・・・
と改めて思った。

家政婦のミタ

水曜の夜は、「10時までに帰宅する」人が多いらしい・・・
「承知しました」とミタさんごっこが流行っているらしい・・・

久しぶりにドラマで高視聴率・・・
春とかにやっていたら、流行語大賞間違えなかったのでは??と思えるほど・・・

家政婦のミタさんは、ロボットみたいだけど
家政婦としては、プロ
頭もすごくいい
わからないことがあると、辞書のように、意味を説明してくれるしね・・・

笑わないミタさんは、最中を一口食べたら、
一気にこれまでの不幸な過去を話
「お暇をいただきます」と去ってしまう。。。


ミタさんのような家政婦ってありえない
阿須田家のパパってありえない

でも、なんだか毎回 笑えるところもあるし
盛り上がって引き込まれて、「つづき」になる。

脚本は遊川和彦
浅野温子のママハハブギ、
織田ゆうじの予備校ブギ
常盤貴子の真昼の月
反町のGTO

うむ・・・なるほど・・・

毒になる~朝ドラ

幼馴染のカンスケに元気になってほしくて、
イトちゃんは、珈琲屋さんに誘うんだけど
なんだか、カンスケの心の傷を踏みつけてしまう結果になる。

自分はよかれと思ってしたことが、
人を傷つけてしまうこと、あるよね・・・
どうしたら、心の傷に触れてしまうのか・・・
どうしたら心の傷を癒すことができるのか・・・
本人をよく知っている人が 非常に注意して、用心して触れないと
傷口を広げてしまうことになる・・・

心の傷を癒すこと・・・ときには、むずかしい・・・
そっと見守るしかないときもある。
見守ることが 一番の薬になることもある。

海猿

2010年

映画館では数えるほどしか見ないんだけど・・・

去年久しぶりに見に行った映画。
単に一緒にいく友達の好みだったんだけど、嫌いじゃないしね・・・

3Dだったんだけど、意味ないよな~~と思っていたけど
テレビで見て・・・確信しました。

3Dより見やすい・・・

さて・・・
結末がわかっているのは、ウサギだけで、他の家族は知らない・・・
でも、4を来年やることが決まっているわけだから、わかるよね・・・^^;

さて・・・
このタイプの邦画はあまりみないんだけど
海猿は面白い。
ダイハードみたいだと思うよ。
生か死かって感じだよね・・・
とにかく、格好いい

仕事を全うすることと、生きることが、直結しているしね・・・

待っている家族と、
繋がっている仲間の存在が大事

4は、飛行機??
海上に不時着した、飛行機が舞台みたいです・・・
プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR