スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション

朝ドラ「カーネーション」終わりました。

尾野真千子がすごく好きで、
すごくこの役が合っていて
毎日楽しみだったのに、どうして、70代から、夏木マリになったか??
尾野真千子ができる年齢までで、終わればよかったのではないか?と思ったこともあったのですが
この4週間、いろいろ考えましたね・・・

ウサギにとって、70代、80代、90代って未知の年齢
そして、とても不安な世の中なんですが
ちょっと、希望がもてたかな。。。

イトコのように、前向きに老後も全うできたらいいよね。

スポンサーサイト

ダブルソフト

久しぶりに ヤマザキのダブルソフトを食べた。

発売当時は「耳までやわらかい」と聞いて
確かにやわらかい!!と思った記憶があるんだけど
あれは、平成元年だったのか??

それ以来、他にもおいしいパンをいっぱい食べてきたけど
「ダブルソフト」とはおいしい。

なぜ?と、とりあえず、原材料をみた
パスコの超熟食パンと比べてみたら

ダブルソフトには、牛乳と、卵が入っている
油脂は、ショートニング
そして、ナチュラルチーズが入っていた!!

なるほど・・・
これらの微妙なレシピが、ダブルソフトを作っているのね・・・

だから、ちょっと、割高なのか??

ダブルソフトのレシピもあったから、ホームベーカリーで作ってみるとどこまで似るのかな??

縁と記憶

朝ドラ「カーネーション」も今週で最終です。。。

なぜ、役者を変えてまで、70代、80台代、90代のイトコをやるのか??

高齢化社会について、自分の老後について、考える時間かな~と思えます・・・

なが~~く生きてると、気のあった同世代の人はなくなってきて
若い人と上手く付き合わなければ、ひとりぼっちになってしまうんだよなぁ~~

で、長生きしていると、思わぬ「縁」というのがあり、
それが、楽しい記憶に繋がることもあれば
切ない記憶に繋がることもあるんですね・・・

人が記憶をなくすということは、
厭なことを忘れることができるということで
楽しかったこと、嬉しかったこと、面白かったことだけ 
思い出して生きていけたら、幸せなんだろうな~と思うけど
ときどき、なにかのきっかけで、悲しかったこと、辛かったこと、厭だったことを思い出すこともあるんだよなぁ・・・

センターオブジアース

2008年

ディズニーシーにアトラクションがあるらしい・・・・
さぞ、楽しいだろうな~~

地球の真ん中にある 空間・・・
なんだか すごいファンタジーだなぁ・・・

でも、もしかしたら、ほんとにあるかもしれないね・・・
ただ、そこに行った人は何人かいても、帰って来た人がいないから、ファンタジーってだけで
1人や、2人帰って来た人がいても、その話を信じるかどうかもわからないしね・・・

宇宙の果てはどうなっている?っていうのと似ていて
地球の真ん中にも世界があっていいかもしれない。

岡田恵和

朝ドラ「ちゅらさん」とか「おひさま」を書いてる脚本家なんだけど
家族の描き方がいいよね・・・
伝えたいことを、さらっと台詞にする。

「最後から二番目の恋」の最終回は
中井貴一と小泉今日子のやりとり部分が半分ぐらい・・・って感じ
それから、ロケが半分以上??

このドラマのいいところ満載・・・
音楽も最後に、じっくりだったしね・・・

それぞれの課題が 丸くおさまっているしね・・・
行き当たりばったりの脚本ではない!って感じ・・・

人間はもともと 男も女もなかったのに
神様がふたつに分けた・・・
男と女はペアにならないと 上手く生きていけない

そうもいかないひとりの人は、自然に、異性の能力が身に付く・・・

っていうか、年を重ねると、シングルでも、ペアでも、
異性と付き合って、理解するようになって、同化していくってことかもしれないね・・・

運命の人

単純に、ノーベル平和賞をもらった佐藤栄作さんってすごいな~と思っていたんだけど・・・

国民に知らされていないこと・・・っていろいろあるのね・・・ ^^;

だんだん 戦争のことを忘れそうになる人が増えているんだけど
体験の内容とか、その土地柄によって 違うのかも・・・

特に、沖縄は、ずっとそこに住んでいる人が多くて
大家族が多いから、年長の人に話を聞く機会があるので、
年月が経っても、戦争のことを記憶している。

戦後、本土の変化はすごいので、
戦争中の面影がだんだんなくなっているけど
沖縄はそのまま、残っているしね・・・

沖縄は・・・
日本人に「戦争を忘れないよう」にと訴えてるのかなぁ。

誕生日

チアキ、46歳の誕生日

親が居ない分、御誕生日は盛大にお祝いする ナガクラ家
チアキの誕生日会をする。

ケーキにいっぱい立った蝋燭をみて
「こんなにいっぱい 恥ずかしいじゃないですか~~」とチアキ

20本まで、ケーキに蝋燭をたててきた、兄ウサギの感想
「ケーキに穴がいっぱいあいちゃうんだよね・・・」だって
なんだか、実感が篭ってるね・・・

さて、恥ずかしがるチアキに、ナガクラ長男曰く

「それっておかしいですよ
何で、恥ずかしいんですが
誕生日にはお祝いすることがふたつあるんですよ。

あなたがこの世に誕生してきたこと
今あなたが、元気に生きていること

年をとれば、とるほど、めでたいこと、すばらしいことなんですよ」

この蝋燭の数は、あなたががんばってきた証なんですよ


確かに・・・
思い切り長生きすると、お誕生日はめでたい
生んで育ててくれた親に感謝する気持ちが
健康に感謝する気持ち
これから、また1年無事に過ごせますようにという願いもある。






奇跡~朝ドラ

3月から、ヒロインが変わってしまって
我が家の視聴率は下がりました・・・^^;

70代のイトコを、尾野真千子でやるのがムリだったとしたら
60代までの分をあと1ヶ月やって、70代の分は、特殊メイクで、ちょっと・・・って感じにしたらいいのに、どうして、4週間、役者を変えてまで70代のイトコをやるのか??

たぶん、「老い」とか、「高齢化社会」とか
そういうのを、なんらかの形で表現したかったんだろうな~と思う・・・

あんなに にぎやかだったオハラ家も、イトコひとり暮らしになる。
親しい人がみんな、アッチにいってしまって、ひとりになる。
遠くの子供たちはいろいろ心配しているんだけど、仕事がある。

そして、来週の予告
「老いると言うことは、奇跡を見せる資格がつく」

老いるということは、これまでできたことが、だんだんできなくなって
さらに、それからできなくなることの恐れと戦うこと
なんだけど、
老いてからこそできることが、必ずある。
老いてからこそ、経験できることがある。

だから、年をとることは、すばらしいことなんだよな~~

エグゼクティブ・ディジョン

1996年

コマンド部隊にセガールがいたので、主役?と思ったら・・・ちがった・・・

ラッセルは、新しいポセイドンに出てたし
テロの親分は、見たことあるな~と思ったら、名探偵ポワロの人なんだね・・・

全くストーリーを知らずに見ると、すごく面白い。

旅客機をハイジャックして、そのまま、自爆するって・・・
なんだか、911のようだなぁ・・・

いい友達になれたのに・・・

最後から二番目の恋・・・

ますます、面白くなってます。

ほんと、キョンキョンってかわいいよなぁ・・・

さて、飯島なおこ演じる家族と上手くいかない主婦
小泉きょうこ演じる、独身のキャリアウーマン(ちょと昭和っぽいで言い方ですが・・・)

結婚しているとか、してないとか、気にするのは女だけだよね~~
同窓会とかいっても、結婚している人としてない人って、話題が分かれてしまう
みんな、学生のときは、同じで、仲良く遊んでいたのにね。

だから、「私あなたのこと、好きだよ。学生のときだったら、きっと仲良くなれたと思う」

確かに・・・
結婚しているもの同志でも、
なんだか、旦那さまのこととか、子供のことで、自慢することがあったり、妬んだりすることがあったり・・・

学生のときの気持ちに戻って、同窓生とは上手く付き合いたいな~と思う
同窓生じゃなくても、であった人と、できるだけ楽しく付き合いたいな~と思う

ハプニング

2008年

これって、何がいいたいの?って
曖昧な映画って、好き。
終わっても、ずっと考え続けるんだよね・・・

世の中科学では 解決できないことがいっぱいある。
どんなに人間が知恵を絞っても、逆らえない出来事が起きる
自然と共存できるよう、日々生きてゆこう・・・
人は自然の中の一部なんだから・・・
って感じでしょうか?

そして、出来事は、あるとき、突然おきる
忘れた頃に起きる・・・
そして 逃れられない

それにしても、エリオットとアロマ、いい感じだね・・・
いっぱい辛い目にあったけど、
最後は、一緒にいたい!って思えるようになったし

そうそう・・・
人が群れると、毒が来るとか
でも、ひとりでも 毒が来るとか
ひがんだり 憎んだり、妬んだり
そういう人の醜いものが強い人ほど、毒が来るって感じ??

なんだか 正体はよくわからなかったんだけど
なんとなく、ありえる感じだよなぁ・・・

ヴァッフェル

鼓月の千寿せんべいが、有名だと思っていたんだけど、
他のお菓子屋さんも 似たのを出してるね~~

ちょっと調べてみた・・・

ドイツのワッフルをイメージして
日本の和菓子屋さんが、作ったらしい・・・

やっぱり、鼓月が有名みたい・・・
一番おいしいと思うし・・・

ひっぱっていく人

最後から二番目の恋・・・
ますます、中井貴一と小泉今日子の掛け合いがすごくなってきた・・・ ^^;

「バブルの残り香が・・・」
「平安の匂いがする」

「引っ張ってくれる人が好きという人に限って、どの道でもいいわけではない」って
確かにね・・・

どこのレストランにいくとか
さらにレストランでメニュー決めるときとか
「あなたの言うとおりにするわ」という人に限って
あとで文句をいったりする・・・^^;
やっぱり、自分の考えがはっきり言える人がいいよなぁ・・・

トレーニングデイ

2001年

新人刑事をベテラン刑事が指導する話はよくあるけど・・・
いきなり、訓練!!って感じ・・・
ふたりが、全く正反対
黒人と白人であるところも、なんだかね・・・

おまけに、最後は仲良くなるって話ではなく・・・
完全決裂なのも、ある意味面白いね~~

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。