クリフハンガー

1993年

こ~~いう話だったとは・・・
すごい有名なのに、知らずに見たので、特別面白かったです。

雪と犯罪者って・・・ホワイトアウトみたい?
クリフハンガーの場面は、トムクルーズの映画を思い出しちゃいましたが
ほんとは、クリフハンガーのほうが古いので、逆に思い出すんでしょうね。

それにしても、命綱なしで、崖にのぼるのって、すごすぎ・・・
最初の、飛行機の場面も、すごいよね~~
スポンサーサイト

プレデター

1987年

プレデターって
生物捕食者・捕食動物 肉食動物.
天敵

アーノルドシュワルツネッカーの印象が強いんだけど
改めてみると、そうでもないかな?

自然を部隊にしたサバイバルな話って、
古い感じがさほどしないね。

セックスアンドザシティ 2

2011年

テレビドラマシリーズを映画化した、第二段みたいだね。

こういうタイプの映画はあまり好きじゃないので、初めてみたんだけど
40代の4人の女性のそれぞれのストレスが、身近な感じで面白い・・・(笑)

アルマゲドン

1998年

地球に小惑星が接近している。
あと18日で 衝突する。
地球上の生命は、また絶滅してしまうんだろうか?

ずっと昔にもそういうことがあったんだから、
ありうるよね・・・
小惑星の接近・・・

でも、人類は科学と技術を屈指して
ピンチを回避する・・・って話。

スペースシャトルとか、NASAとか、すごいよなぁ・・・

プリンセストヨトミ

2011年

実は豊臣家は絶滅してなかった・・・
大坂の人は、トヨトミが好きで、
暗黙のうちに、その子孫を守っていた。

おまけに、「大坂国」というのがあって
「OJO]という法人として、国からの予算もあった・・・

という びっくりするような御伽噺なんだけど・・・

なんだか・・・
大坂独特の団結力のようなものって、実は、トヨトミなんじゃないかと、思わせる・・・

父親から、息子に伝えること・・・
そのあたりも、なんだか いいな~と思う。

トヨトミでなくても
親子が長い廊下を歩きながら話すこと
お互い信じること
今は ちょっと忘れられている大事なことを、思い出させてくれる。

開拓者たち

NHK BSでやっていたのが、
総合で再放送していたので、見ました。

「いのちの歌」いいよね~~
朝ドラで使っていたときよりずっといい・・・

ひかりちゃんの捨て身の演技もすごいね・・・

結婚って、あ~いうものなんだろうな~と思う
まさか、全然知らない人といきなり夫婦になることは、ありえないけど
最初は、上手くいかなくても、だんだん絆ができてくるって感じ・・

いいよね~~あ~いう感じ・・・

怪人二十面相伝

2008年

太平洋戦争が回避された、昭和24年・・・って設定が面白いね・・・
上層階級と、そうでない人の生活の差がすごい・・・

怪人二十面相と明智探偵は同一人物という、オチもすごいね・・・

最近、日本の映画も楽しくなってきたね・・・
上手くCGとか使っているからかなぁ・・・
撮影の仕方は独特なんだろうなぁ・・・

ヘリコプターに乗る松たかこ、なんだか、かわいいね。

阪急電車

2011年

片道15分の今津線

考えてみたら、電車って、いろんな思いを抱えた人が集まっているんだよね・・
不思議な空間

直接かかわりがなくても、あれこれ考えることはある。
実際言葉を交わすこと、付き合いが始まることはめったにないけど、
たまにあるよね~~

そんな電車の中での出来事を上手く組み合わせて、いい感じになってるよなぁ・・この映画
岡田恵和、脚本だね・・・

宮本のぶこが、電車の中で騒いでるオバチャンたちに、お説教するシーン・・・
今まで言わなかったから、いけなかった・・・のようなことをつぶやくんだけど
確かに・・・
今のオバアチャン世代は、オバチャン世代にあまり言わないかな~と思う。
なんでだろうね・・・
親世代に言われないで甘やかされて大人になって、さらにオバチャンになると、
すごいことになるんだよなぁ・・・
お説教されても、まだ、反省してないしね・・・オバチャンたち・・・
ウサギも気をつけよう・・・ ^^;

中谷みきが、いじめられている小学生に、
話しかけるシーン
しかも、名前が同じだった!!
いいよね・・・
でも、結局・・・かわいくてしっかり者って、風当たりが厳しいってこと??
そうかも・・・
「似ているから、気持ちがよくわかる」って
親子とか、兄弟とか、親戚とか、よくある。
だから、お互いの気持ちがすごくわかるってことよくある。
最近は、親子、兄弟、親戚が少なかったり
話さなかったりするから、分かり合える人と出会うことが少なくて
ひとりで、悩まないとならなくて、辛いんだろうなぁ・・・

バッテリー

2007年

すごい早いボールを投げることができるピッチャーがいても
それを受けるキャッチャーがいなければならない。

特に、小学校とか、中学のときって、その出会いが上手くいかないこともあり
キャッチャーが信頼できなければ、ピッチャーは思い切り投げることができないし
才能が埋もれてしまうこともあるんだよなぁ・・・

ウサギはテニスをしているので、
ふとダブルスのペアのことを考えてしまった。

確かに、ペアがそれなりでなければ、
思い切り打つ事ができなくなってしまうんだよね・・・
信じられるペアに出会うこと
信じられるペアになること

シミジミだなぁ・・・
プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR