スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義のゆくえ

2009年

移民税関捜査局(ICE)ハリソンフォードを中心に

メキシコから不法滞在している母親とその子供のこととか
オーストラリアから、働きにきてるけど、市民権が得られない女の子とか
市民権を得て、一成功しているんだけど、それぞれの生き方をあれこれ思う一族とか

最後は、明日市民権を得る式典なのに、強盗の仲間になってしまったけど
同じようにやっと市民権を得ることの大変さを知っている取締り官に見逃してもらった男の子とか

自由な国アメリカなんだけど
そこで生きていくことはいろいろ苦労があるんだな~
スポンサーサイト

好きになる人~木10

自分に似た人は好きにならなくて
自分に似てない人を好きになる

そういうものかもね

ないものねだりで、自分にないものを求めるってことだと思う

でも、自分と違う人と毎日一緒にいることは
忍耐を必要とするかも

しかし、愛するってことは
厭なことも好きになって、許せるってことだよ。

お互いさまなんだしね。

ただ、ど~~しても、許せないことだけは、はずさないように・・・
判断を間違えないように

ヨシユキ~金10

京都の大学にいる長男ヨシユキ

事件のことを知って戸惑う

このまま 実家に帰らなければ、普通の学生で居られる・・・

家族がばらばらで暮らしていることが多いこのごろ
大きな事件じゃなくても、そういう思いは人の心に少なからずあるかもしれない
でも、一緒にいた時間にできた強い絆があれば
離れていても家族が繋がる

ザ・ウォーカー

2010年

最終戦争が終わって

一冊の本を運ぶため、西に向かってひたすら歩き続ける人の話
もう30年も歩き続けている
その間、毎日その本を読み続けている

本は、もちろん聖書だ。

その本を持つ者は、世の中を支配できると思い込んでいる悪者に、奪われそうになりながら
戦う

結局、その本を奪われてしまうのだけど
悪者にはその本を読むことができない・・・
点字だったからだ。

本を奪われても西に向かって歩き続けた主人公
焼け残った本を集めている場所にたどりつき
記憶している聖書を書き取ってもらい
命尽きる

人にはそれぞれ、与えられた使命がある・・・
それを全うすることのすばらしさ

幸せになるために~木10

幸せになることが怖い
安定することが怖い
だから安らぎを求めない

負けてるほうは正しいことしか言わなくなる
当たり前のことを言ってる自分が ばかばかしくなる

鬼嫁になるか、泣く嫁になるか

本懐~とんぼ⑤

アキラ野球部のレギュラーをとるために
和尚のお見舞いにもいけない。

部の伝統だからと、1年生のお尻をバットで叩く
なんだか タイムリーだなぁ・・・
1年生の中に親にいいつけるひとりがいて、
その親がまた、大騒ぎするしね・・・

和尚の危篤に、その子供が来ないことを
和尚の奥さんは「本懐だから」って

きっとアキラが野球部の練習を休んでまで、お見舞いに来ることも
和尚の本懐ではないんだろうなぁ・・・

レギュラーがとれたって、報告がてら
やっと和尚に会いに来るけど
和尚はもう言葉が出せない状態
「もっと早く来たらよかった」アキラ

血のつながった親子って
言葉がなくても繋がっているんだよね
血のつながりがなくても、絆のある他人がひとりでも沢山いることって
大事だな・・・

96時間

2008年 仏

誘拐された娘をひとりで探し出す父親・・・
すごいね・・・

もともと、工作員だったので、技術がすごい

時間が限られているのでスピードもある。

ディープエンドオブオーシャン

1998年

小さな次男が行方不明になった家族
9年経ってその次男が見つかったとき・・・
それぞれの思い・・・

次男が行方不明になったとき
一緒にいた母親は責任を感じるし悲しい
父親はちょっとだけ、母親を責める気持ちがある

実は長男が一番自分を責めていた
弟の手を離してしまった
そのとき、「いなくなればいい」と思ってしまった・・・・

だから、9年後、弟に似た子を近所で見ても
家族に報告しなかったんだよね・・・

でも弟は、そのことを全然気にしてない
記憶がないからね。

かくれんぼをしていて
チェストから出られなくなったとき
お兄ちゃんが必ず見つけてくれるって信じているから
閉じ込められても怖くなかった
そして、ほんとにお兄ちゃんが見つけてくれた。
その記憶しかないからね。

なんだか、いいなぁ・・・

ダイハード

1988年

何度も見ているんだけど・・・

この頃って、経済的に成功する人が日本人だったりするんだな~
今だったらないだろうな~と感じた
時間が経ってからの映画見るとそういう感じ方するんだね・・・

おまけに、その日本人の台詞
「日本は戦争に負けたけど、経済では勝った」って
吉田茂みたいなこと言ってるしね・・・・

それにしても、マクレーン刑事のめちゃくちゃぶりはすごい・・・

一生懸命さがかわいいし

名前のない女神たち

幼稚園の親同士の付き合いって、ちょっと独特だよね。

送迎のとき毎日会う
親しくなっても、「〇〇ちゃんのママ」としての付き合いなんだしね。
付き合いたくなくても付き合わなければならないしね。

まして、今は、
携帯メールとか、ネットとかあって
ややこしいかも・・・

でも、大変な思いをするからこそ
絆ができるっていう場合もあり
卒業したら、二度と会わないこともあり
プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。