4.1868

1カロリー=4.1868ジュールである

もともと、カロリーという単位が通じるのは日本だけ??
国際的には ジュールを使う

ではジュールとは?

「1ニュートンの力が力の方向に物体を1メートル動かすときの仕事」

1ジュールは、地球上でおよそ102グラム(小さなリンゴくらいの重さ)の物体を1メートル持ち上げる時の仕事に相当する。

1ジュールは1ニュートンの力がその方向に物体を1メートル動かすときの仕事である


1ジュールは、1ボルトの電位差の中で1クーロンの電荷を動かすのに必要な仕事とも定義できる

1ジュールは、1ワットの仕事率を1秒間行ったときの仕事とも定義できる。

うむ・・・むずかしいね・・・
スポンサーサイト

女友達~火10

専業主婦のナツミは、バイオリンを仕事にしているマリがうらやましいし
仕事の曲がり角にきたマリは、彼と結婚したナツミがうらやましい・・・かもしれない

ずっと仲良しのふたりの分岐点には、スズナがいる。
そのスズナは、バイオリンをやめた母ナツミより
バイオリンを続けているマリにあこがれる。

マリにバイオリンを誉められて、嬉しくて舞い上がるスズナを見て
ナツミは困惑して、
「スズナへの言葉」に気をつけてほしいことを、マリに伝える。

マリの心を知らず、仕事上の事情を知らず
ナツミはつい、マリに言い過ぎてしまう。

仲のよい友達だったから、つい言いすぎてしまう。
でも、第二楽章では、お互いの心を傷付ける・・・

そ~いうことあるよね・・・

女友達って、長く付き合うのは難しい・・・

TAKE FIVE~金10

唐沢くんと、桃季くんが泥棒さん?

ルパンか、トムクルーズか?って感じ・・・

映画の真似っぽいんだけど
TAKE FIVEが解散したきっかけの真実が明かされるところが
どうなるの?って感じで、視聴率アップを図ってるドラマ・・・

稲垣くんも、仲間に入るんだろうね・・・・
行方不明になっている あとひとりの仲間と関係あるんだったりして??

松雪さんも、TAKE FIVEの復活を予感しながら
他の刑事には明かさず、自分で解決するつもりなのかな?

六角さんは、相変らず、道具係の技術がすごい!!!

家族ゲーム~水10

ずっと前、松田優作が主演で映画をやっていたけど
それはみてないんだよね・・・ ^^;

あのときと、家族構成こそ同じみたいだけど
家族それぞれが抱える問題は現代風になっているみたい。

鈴木保奈美と、神木くんが いい感じ・・・
家庭教師が抱えている過去も興味ありで、
次がみたくなるドラマだね

第二楽章~火10

大学入試のときから仲良しのマリとナツミ
バイオリニストとして、切磋琢磨してきたふたりだが
ナツミは妊娠をきっかけに バイオリンをやめ
マリは一流のバイオリニストになっていた。
そして、ふたりはずっと音信不通だった。

一生仲良しだと思っていた女友達と、あるときから パッタリ会わなくなること・・・
よくあることだよね・・・

ナツミは、マリのコンサートに行かないつもりだったけど、
結局家族で行く。
そうあるべきだよ。

マリの晴れやかな姿を目にして、でもバイオリンの音色を聞くと
ナツミの心はなにか解ける。

こ~いうことあるよね・・・

ガリレオ~月9

初回視聴率 22%とか・・・

宗教の話でしたけど・・・
結局 マイクロ波を使うしかけがあったのね・・・
だいたい、不思議なことには仕掛けがあるんだよね・・・

電子レンジって、武器にするために作られたマイクロ波を利用したって言われても
ピンとこなかったんだけど
あぁ~いうことか~と納得

科学と生活について
科学は人のためにあるかって切り口が
考えさせられるよね~~

ホーンテッドマンション

2003年

ディズニーランドにあるホーンテッドマンションを映画化するってどんな感じ?
エディマーフィーが幽霊するの??と思っていたら
そうじゃなくて、
アトラクションホーンテッドマンションの場面が随所にあり
昔の悲恋の話は、あったかな?

でも、首吊りの場面とか、幽霊たちが舞踏会している場面とか
13時の時計とか、歌う4人の像とか
他にもお墓にいた幽霊たち、記憶があるなぁ・・・

エディ家族が上手く絡んで、怖いけど、さすがディズニー映画
楽しい終わり方になってました。

チェーンリアクション

1998年

キヌアリーブス
モーガンフリーマンが出てる~~格好いいよね~~

世界が限りある資源、油に頼っているので、
新しいエネルギーを水から作ろうというプロジェクトに参加していたエンジニアの大学生
その実験が成功した夜、博士は殺害され、プラントは爆破される
おまけに、大学生はその犯人として、物理学者の女性と指名手配され
逃亡しながら、真犯人を探して戦う・・・

なんだかこ~いうタイプの話ってありそうで、
面白いよね・・・

ハナミズキ

2011年

特に盛り上がったことのないタイプの映画なんだけど
見終わると、ほんわりするのって好きだな・・・

生田くんと 新垣・・・かわいいし

でも、こ~いうふたりって、続かないことが多いんだけどね
ところが続くっていうのが、映画だよなぁ・・・

ハナミズキがすごくきれいです。

ツーリスト

2010年

アンジョリーナジョリーとジョニーデップ・・・

なんだか濃いふたりだなぁ・・

でもすごく面白かった。

ずっとフランクがAPかもって思っていたんだけどね
任務を放棄するほど好きになったアンジョリーナが、気が付かないくらい・・・っていうのが、
どうかな~と思ってたんだよね・・・

カールじいさんの空飛ぶ家

2011年

冒険が大好きなカールは 冒険の大好きな女の子に出会って結婚する。
いつかふたりの夢をかなえようと貯金しているけど、実生活に使ってしまい
やっと実現しようと思ったら、おばあさんは亡くなってしまう。

おばあさんとの思い出がいっぱいの家にひとりぼっちで暮らしていたけど、
いろいろ事情があって、家に風船をいっぱいつけて、飛んで南アメリカの滝を目指すことになる。

お年寄りを助けたい少年もついてきてしまい・・・
滝の近くに不時着したら鳥がついてきて、犬もついてきて・・・

途中、あこがれの冒険家にであったり

おばあさんとの思い出の家をひっぱって滝を目指す姿は泣ける・・・
まるでおばあさんをつれていくかのように、一生懸命歩くけど
おばあさんの思い通り、滝の上のところに家を運んだとき・・・
おばあさんが残したアルバムの続きを目にする・・・

おばあさんの「これからやること」は、カールおじいさんとの実生活で
冒険して滝にたどりつくことではなかったんだよね・・・

鳥と少年を助けるために
おじいさんは、おばあさんとの思い出の家財道具をその場に捨ててしまう場面が
なんだかすごく泣ける・・・

最後は思い出の家も、置いてくることになってしまうけど
おじいさんは代わりに、少年や犬と仲良くなって、余生を楽しむことになる。。。

大事な人を亡くすと・・・
その人と一緒に過ごした家が大事、その家財道具の整理もなかなかできなかったりするんだけど
「新しい冒険」をしなければ・・・
亡くなった大事な人はきっとそう思っている

あまちゃん~朝ドラ

大河ドラマに続いて、
朝ドラも、東北が舞台
しかも、春子がアキとふるさとにやってきたのは、2008年・・・

これからいったいどうなるんだろう??

若い人は「こんな村いやだ~~♪東京へ出るだ~~♪」と減ってきて
でも、なんとかしようとする残った若者

ちょっと前の、四万十市のドラマっぽい感じだね・・・
似ているけど、四国ではなく、東北・・・
果たしてどうなる??

小泉きょうこと、宮本のぶこ
ワキをかっちりかためられて、新人アキは、ドラマの中の新人海女とともに、成長するのかな?

SP

2010年、2011年

野望編と革命編

犯人を追いかけるシーンとか、要人を守るシーンとか
すごいスピード感があって、
007みたい。。。

思ったより複雑で面白かった。

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR