それぞれの思い~朝ドラ

20年以上前の「潮騒のメモリー」の秘密

太巻もいろいろつらかったんだろうね・・・
でも、仕事をすることで忘れようとしてた
決して他言しないつもりだった

でも、アキに出会ってしまったことをきっかけに
秘密を守り続けることができなくなり
ついに、告白

でも、すごくいい形だよね

鈴鹿ひろみとアキの絆ができてから
その絆の深くなり具合を眺めて、鈴鹿が秘密をどの程度わかっているか
どう思っているかを探りながら
春子が鈴鹿に何を感じているか感じながらの
タイミング

告白するために潮騒のメモリーのリメイクをしたのかもしれないかも・・・
太巻はそこまで計算していたわけではないけど
神様が これからみんなで楽しくやっていきなさいって
そういう流れになっているんだろうなぁ・・・

墓場まで持っていくはずの秘密の告白
この場合はこれで、大正解だよね・・・

クドカンすごい
スポンサーサイト

家族の時間~WOMAN

今週は・・・
しぃちゃんの過ちを 実父のなまけものさんが知る

小春の病気のことを、ついに子供が知る
我慢しているけど
夜になったら心細くて泣いてしまう

小春は実母のことを許していない
特に、しぃちゃんが、信の死のきっかけになっていること・・・
でも、病気になって、子供のことがあるから、頼らなくてはならない・・・

思うんだけど
病気になるってことは
家族一緒にいる時間を作るきっかけになるんだよね。
一生に一緒に暮らす時間はある程度決まっていて
小春とその実母のように、すごいブランクのあるふたりは
きっとこれから、濃厚な時間が待っているんだと思う

写真館~あなたへ

健さん・・・画面に存在するだけで、映画みたいだわ・・・ ^^;

連れ合いのふるさとを訪ねることは
不思議なことだと思う
そこを 子供だった連れ合いが歩いたり走ったり、同じ景色を眺めたり
そこで何を感じて大人になったのかな~とか
考えると、あれこれ、泣けてくるように思うんだけどね・・・

まして、古い写真館のウィンドウに
彼女の写真を見つけたとき
歌っている姿が 自分が出会ったときの彼女が歌っている姿と同じで
間違えなく彼女だってわかるところがすごいし
感動するように思う

かくいうウサギも・・・
旦那さまの生まれてからそれまでの姿をアルバムに見たとき
しばらく泣いてた記憶がある・・・

愛情いっぱいで育てられてきた彼と
これから一緒に暮らすんだな~て思ったら
うれしかったのかなぁ・・・

あなたへ

2012年

高倉けん主演
田中裕子と夫婦って 実年齢考えるとあり得ない感じなんだけど
けんさんの若いし
ゆうこさん、落ち着いてるし

けんさんが、入院しているゆうこさんに
「早く治ってくれ」って
おねだりしているのがかわいい
それをうまくかわしている ゆうこさんもかわいい

ふるさとの海に散骨してほしいって
遺言サポーターの人が持ってくるんだけど
その中に、絵葉書一枚って、なんだかいいよね・・・
ふるさとにはずっと帰ってないはずなのに
ちゃんと、灯台の絵をかいてるところが、さすがだなぁ・・・

平戸の郵便局にあった灯台の絵も、写真みたいに実物どおりだしね・・・
なにか 長々と書いてあるのかと思ったら「さよなら」だけだし
でも、平戸にきたことで、写真館の写真に会えたし・・・

途中で出会ったイカメシの草なぎくんとの出会いとか
その部下の佐藤こういちと繋がった人と平戸で出会ったり

うまくできた、脚本だなぁ・・・

星めぐりの歌
すごく響くわ・・・

星めぐりの歌~あまちゃん

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。
オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、

アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。
大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

永が「あなたへ」で田中裕子が歌っている曲
すごくいいよね~~
と思っていたら
なんと、あまちゃんにも使われていた・・・

前に 蟹江けいぞうとかでてきたときに
使われていたらしいけど
そのときは気がつかなかった

まだ、「あなたへ」を見てなかったから
でも、映画をみたとき、初めて聞いた感じじゃなかったのは
あまちゃん意外でも聞いてるんだろうね・・・・

天空の城ラピュタ

1986年

四半世紀前のアニメとは思えない・・・

改めてじっくり大きな画面で見ると
絵が細かい
雲とか、くさっぱらの花のひとつひとつとか
ラピュタの煉瓦のひとつひとつとか
海賊船の一枚の板とか

ほんと今も通じるってすごい

悪いようにはしないから~朝ドラ

喫茶アイドルのマスターの台詞

「どこかで聞いたことがあるな
あ・・春ちゃんか

それって悪いヤツの台詞だよね」

悪いようにしないから・・・って
確かに悪いヤツだからいうのかも


鈴鹿ヒロミは 春子が代わりに歌を歌っていることに気が付いているかどうか
それは本人しかわからない

確かに、自分が歌っている声か、人が歌っている声かって
わかりそうなものだけど
それは 音感のある人だから 当たり前のことで
もしかして、音痴の人ってわからないのかも

自分ではすごく上手く歌ってるつもりだけど
実はたいしたことないってことよくあるよね

自分の声が、自分が思っているのと違うってことよくあるよね

まぁでも、あれだけヒットしてしまった歌だし
やっぱり気が付いているのかな~~鈴鹿ヒロミ

今更、あれは 私が歌ったんじゃありませ~~んっていえないしね

「今度はだれが歌うの?」って台詞は気になるけど
別の意味にもとれる・・・

映画のリメイクなんてしたら
科学的に昔の歌を分析して
証明する人がでてきたりして・・・

夏は大丈夫か・・・
気になる
そして、もうすぐ 311

信~WOMAN

亡くなった信は自分の過去を話さなかった
どこで生まれてどこで育って
家族はどうしてるとか 一切話さなかった

小春の実家に信が忘れた黄色いマフラーと
それが入っていた袋の店に連絡したら
信の最後の手紙が見るかる

手紙には、信がその日仕事をさぼって
実母に会いに来たこと
小さいときどう育ったかとか
ちょっと 普通じゃない
育児放棄とか、子供に保険金をかけることとか
でも、信はお母さんが大好き
子供って、どんな親でも、それが普通と思っているから
大好きなんだよね


幸せと不幸せはない

幸せと感じる心はある


つまり、不幸せというのは
不幸せを感じる心があるかどうかってことで
それを感じることがなければ
その人は不幸せではなくて、
幸せなんだよね


それにしても
このドラマ
次々に、秘密が暴かれる
かなりきつい真実


ついに、小春は
信が亡くなった原因が
義妹のせいだって、知る
さすがに・・・
小春は普通ではいられないよね・・・

どうなる

ユイちゃんの気持ち~朝ドラ

すごくアイドルになりたかったユイちゃん

東京へ出発の日
父親が倒れたのは運命
おまけに、母親も、その状況を受け入れられず
家出したので、アイドルへの夢はすっかり絶たれ・・・
不良化して、高校もやめてしまった・・・

周りの大人がサポートして 黒髪のユイちゃんに戻ったけど
取り返しのつかないことがいっぱい

そこへ、母親が帰ってくる

そりゃ~
思いのたけを母親にぶつけたくなるよね

まだ子供なんだから
大人じゃないんだから

真実を知ること~激流

高校の修学旅行で 行方不明になった友達の真実
知ることがいいのか悪いのか

当時の同級生は、忘れるよね
忘れたふりして、前に進む

ではその母親の気持ち
恨みに思ってはいけないように思うよ

おまけに
行方不明になったわけは
その母親の不倫のせいなんだからね・・・

ちょっと逆恨みでおかしい・・・

七つの会議

最終回はじっくり見ていたからか・・・
原島の気持ちを考えると泣けてきました・・・・

というか、会社って大変・・・

代わりのある「ネジ」
強度が足りない「ネジ」

よく歯車にたとえられるけど、
子会社の場合は、ネジかも・・・

でも、ネジがひとつ折れると会社を揺るがす事態になる・・・
1本1本大事なんだよね。

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR