メッセージインアボトル

1999年

ポールニューマン特集だったわりに
主役は、ケビンコスナー
その父親の役
でも、なんdなかおちゃめな じいさんだなぁ
ポールニューマンかわいい・・・
スポンサーサイト

評決

1982年

ポールニューマンが弁護士役
すごい恰好いいね

はじめ、アルコール中毒で
仕事も全然やる気がないんだけど
そのときでも恰好いいなぁ



カラーで見る・・・Nスぺ

戦後70年で
ドキュメンタリーがすごい

戦争中の画像は モノクロだと、昔のイメージなんだけど
カラーにすると、現実味をおびてきて
終わったこととは思えない
日本で現実に起きたことなんだと思い知らされ
直視できない・・・
でも、ちゃんと見て、覚えておかなければならない

暴力脱獄

1967年

ポールニューマンがりリュークだから
刑務所のヒーロー的になってるんだろうなぁ・・・

それにしても、
日本語のタイトルがなんだかなぁ~と思う
当時は漢字四文字が流行っていたのかもね
クールハンドリューク、でいいように思うけどね

究極の思いやり~月9

将太の嘘が あかりにばれる

そうとわかっても、あかりは、
葵の気持を思いやり 真実を心に秘めている

しかしながら、
あかりが探している父親に
将太があったことに、将太の嘘も尽きる感じ・・・

永遠の0

2013年

戦後60年過ぎたところで、本が出て、映画ができて
今年は70年だね~~

だんだん 戦争を体験した人が減ってくるので
ずっと話せなかったことが、話せるようになるんだろうなぁ・・

話しておかねばならないって思うんだろうな~

戦後すぐだったら
「生き残る」だなんて、言えないもんね

先にドラマをみたんだけど
ストーリーがわかっていても
映画のほうが感動するね~~
プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR