人の失敗を許せる大人

宮藤官九郎脚本

面白い
「ゆとりですがなにか」

ゆとり第一世代3人をめぐる 話

第一世代は、周りの人も、ゆとりに慣れてないので
風当たりが強い
「ゆとりだから」って言われる

好きでゆとり世代になったわけではないんだけどね

サラリーマン
小学校の先生
弁護士になりたくて、大学を何浪もしている人

3人をめぐる話が実に面白い

さすがクドカン

その最終回
小学校の先生は、保健の時間に思春期について 授業しなければなず

「先生は大人なんですか~?」

体は大人になっても
子供たちが先生の年齢になったとき
親の年齢になったとき
あぁ~やはり 失敗したり、するんだな~ってわかる
だから人の失敗を許せる大人になりましょう・・・

う・・・ん
甘えてはだめだけど
確かに
人のことを許せる人間になること
優しい人になることは、大事だよなぁ

安藤サクラ、改めてすごい・・
柳楽くんも、いい感じになってきたなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR