シンクロ~ミラクルボディ

オリンピック前恒例
世界のトップアスリートの体を
科学的に、調べる

毎回すごく面白い

ロシアのシンクロナイズドスィミング
すごい、無呼吸運動なんだなぁ・・・

呼吸ができないと、心臓は無呼吸モードになるんだって
脳には酸素を送らなければならないので
筋肉には 酸素補給が控えめになるらしい
ところが、ロシアの選手は 無呼吸でも心拍数があがる
かわりに、脾臓が小さくなるんだって

脾臓っていうのは、緊急用の酸素が蓄えられていて
いつもは あまり使われないんだけど
彼女は無呼吸運動を小さいときから しているので
無呼吸でも脾臓の酸素を使うことで、心拍数をあげて、筋肉への酸素補給も可能にしているらしい

すごいね

さらに デュエット
どうしてぴったりシンクロできるのか?
やはり、彼女がもうひとりに合わせているらしい
彼女は、苦しい結果。楽しいことがあることを繰り返すうちに
苦しいことが ストレスでなくなっているんだよなぁ・・・

すごいね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR