西の魔女が死んだ

2009年

あまりヒットしなかった邦画は、とてもいいものである
この映画もそのひとつ

ファンタジーかと思ったらちがった

登校拒否になったマイが、母方のおばあちゃんとひと夏をすごす話
おばあちゃんは、外国人で、田舎にのんびりひとり暮らししている
魔女のように、しっかりした人
おばあちゃんとは、こうあるべきって感じである
ある意味、ある程度の経験を重ねて
ちゃんとものを考えて生きていれば
子供から見れば、魔女のように不思議な存在になれると思う
母親よりも、なんだか いうことが聞ける

そして、人が死ぬことは
魂が体から離れて、自由になることだって

「ニシノマジョカラ、ヒガシノマジョヘ
ダイダッシュツダイセイコウ」

おばあちゃんは、自分がなくなったら、
マイがどうするかわかってるんだよね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛍

Author:蛍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR